危険だと思ったらアフターピルを手元に備えて置きましょう!アフターピルを知らない人も当サイトの記事を読んでアフターピルの事を知って欲しいです。もしもの時にアフターピルがあれば妊娠を防ぐことができます。

アフターピルを紹介する女性

アフターピルの入手経路(病院処方、個人輸入)と効能

アフターピル(緊急避妊薬)は、何らかの事情で避妊に失敗した際に、72時間以内に決められた量を服用すると、遅くても1週間程度で生理が起きます。(※生理が起こるタイミングは早かったり、遅かったりと個人差あり)
生理が起これば、妊娠が否定されます。定期的に飲む低用量ピルと違い、中用量ピルを使用し、ホルモンバランスを急激に変化させることで効能を発揮します。
子宮への受精卵の着床を阻止することでおよそ80パーセントの確率で妊娠を回避できます。前述にもある通り、72時間がタイムリミットなので、服用が早ければ早い程、妊娠を回避することができます。しかし、アフターピルの効能を発揮する定められた時間内での薬の服用をしても、受精してしまうことはありますので妊娠回避率は100パーセントではありません。また、アフターピルはホルモンバランスを急激に変化させますので身体への負担は大きいです。個人差もありますが、副作用には、吐き気、めまい、頭痛、下痢等があります。
アフターピルは婦人科でもらうことが基本ですが、個人輸入でも入手することができます。個人入手は病院で処方されるよりも格段に安く、お財布に優しいです。主にインターネットで販売しており、日本の業者が海外から取り寄せ、販売すていることが多数です。海外では、ピルが薬局で手に入ったりする国も少なく有りません。
アフターピルの効能は、婦人科で貰うのも個人輸入でも変わりません。
ただし、病院では個々人に合ったアフターピルを医師が処方してくれますが、個人輸入でのアフターピルの入手は処方箋も無いため「すべて自己責任」です。
初回は病院で処方してもらい、そのピルが身体に合っていたのであれば次回からは個人輸入をするという方法もあります。