危険だと思ったらアフターピルを手元に備えて置きましょう!アフターピルを知らない人も当サイトの記事を読んでアフターピルの事を知って欲しいです。もしもの時にアフターピルがあれば妊娠を防ぐことができます。

アフターピルを紹介する女性

過長月経は婦人科へ、精液が入ったらアフターピル

生理不順に苦しむ女性は決して少数派ではありません。
女性の社会進出が進んだ結果、社会や仕事の人間関係から受けるストレスの量が格段に増加しています。
上手なストレス解消をしている女性でしたら、体調不良に遭遇せずに済みますが、責任感が強い真面目な方は心労を溜め込みやすいです。
生理不順には二通りの体調不良があり、有名なのが生理が訪れない症状です。
ストレスの影響からバイオリズムが乱れますと、女性ホルモンの量もアンバランスとなり、生理周期までも乱れていきます。
いつも通り周期で生理が訪れない原因は、妊娠以外に心労や精神的な病気等が考えられてますので、働く女性はメンタルケアに人一倍、注意しなければいけません。

また二つ目の生理不順の症状ですが、いわゆる過長月経と呼ばれる症状があります。
成人女性の平均周期は、およそひと月です。その内、月経が生じる期間は最長でも1週間程度です。
それ以上過ぎているにも関わらず、月経が収まる気配を見せない場合は過長月経の恐れがありますので、早い段階で婦人科のドクターに相談しましょう。

婦人科は文字通り成人女性を助ける医療機関です。
生理不順の悩みに加え、緊急時にアフターピルを受け取る事も出来ます。
アフターピルは性行為をした後からでも効果が出る特別な避妊薬です。
今ではコンドームが普及した事によって、実質的に100パーセントの妊娠回避が実現しました。
しかし近年では薄型のコンドームが流行っており、薄型の物は男女が激しく愛しあう過程で破けやすいです。
精液を貯めるゴムの先端部が破損してしまうと、ピストンの最中や最後の射精時に、精液が女性器へと侵入します。
行為の後にゴム破損が発覚し、精液の侵入がシャワールームで分かる、というケースも多いです。
そんな時は落ち着いて、当日または翌日の間に、事後的な避妊が出来るアフターピルを婦人科に処方してもらえば、希望しない妊娠をスルー出来ます。