もしも…という時はアフターピルを!

危険だと思ったらアフターピルを手元に備えて置きましょう!アフターピルを知らない人も当サイトの記事を読んでアフターピルの事を知って欲しいです。もしもの時にアフターピルがあれば妊娠を防ぐことができます。

アフターピルを紹介する女性

アフターピル服用時の避妊効果

もしもの時はアフターピルで!
↑アフターピルを用意しておくと安心です

アフターピルは避妊薬と呼ばれ、妊娠を防ぐときに使用する薬として、これまで多くの女性が服用してきた薬です。通常、ピルは長期間服用することによって、避妊効果を得ることができる薬でしたが、望まない妊娠を避けるために性行為を行った後でも否認することができるように開発されたのがアフターピルです。ピルの種類には低用量、中用量、高用量など様々な種類がありますが、緊急避妊として飲むタイプのピルについては、中用量のものとなっています。このアフターピルの服用するタイミングとしては、性行為から72時間以内に服用する必要があります。もし、72時間を過ぎてしまうと、避妊効果が半減してしまうので注意が必要になってきます。アフターピルの服用は早ければ早いほど避妊効果が上がるといわれているので、もし望まない妊娠を避けたい場合は、性行為を行ってからなるべく早くアフターピルを服用するということが大事になってきます。気になるのは、実際にどのくらい避妊効果を発揮するかということですが、アフターピルの服用により、望まない妊娠を避ける確率としては、75パーセントから85パーセントの確率となっていますから、かなりの確率で避妊をすることができるということがいえます。ただし、避妊効果は100パーセントではないので、妊娠する可能性が全くないわけではなく、アフターピルに頼りきりになるのは注意が必要になってきます。避妊が成功している場合は、アフターピルを服用後、数日後から3週間以内に出血が起こりますが、もし、出血が見られない場合は妊娠している可能性がありますから、一度妊娠検査薬を使用して、自分で妊娠していないかどうかチェックする必要があります。

アフターピル服用後の出血について

アフターピルを服用して数日後に出血がある場合があります。これは消退出血と呼ばれるもので、アフターピルを服用したから起こったものです。精子と卵子が受精すると数日かけて子宮内膜に着床します。子宮内膜は子宮の内側に出来ているもので、受精卵が着床することで妊娠が成立します。アフターピルは服用することで女性ホルモンの分泌量を一時的に濃くします。アフターピルの薬の種類によって違いますが、服用は1回から2回です。そうすると女性の体内のホルモンの量が一気に現象してしまうため、身体は「生理を起こすタイミングになった」と判断して子宮内膜を剥がしてしまいます。これがアフターピルを服用後の消退出血の正体です。消退出血が起こった場合にはその前日までに行った性交渉では妊娠していないと考えても良いでしょう。3日~3週間ほどの間に消退出血が訪れますが、消退出血が起こらない場合には妊娠してしまっている可能性があるため検査を受けるようにしましょう。アフターピルを服用したタイミングが排卵後の場合、消退出血と通常の生理が同時に起こる可能性があります。この場合も生理があれば前日までの性行為で妊娠していないと判断できます。アフターピルを服用してから3日以内に起こった出血は消退出血ではなく不正出血の可能性もあるため、不安な場合には医療機関の診察を受けるようにしてください。消退出血は通常の生理のタイミングよりも早く子宮内膜を剥がしてしまうため、通常の生理の時よりも量が少なく短めで終わると言われています。その後、多くの人は通常通りのタイミングで生理が訪れるため、アフターピルを服用した場合には1ヶ月に2回生理があることになります。

アフターピルでの消退出血って何?

アフターピルは、性行為をして避妊に失敗した場合や望まない妊娠の可能性がある場合に緊急で緊急避妊用ピルです。服用するタイミングとしては、性行為を行った後、72時間以内で、その後ピルの種類によっては、12時間後に再び服用することもあります。なぜ、アフターピルを服用すると避妊をすることができるのかというと、アフターピルを服用することによって、受精卵が子宮内膜に着床することを防いだり、排卵を遅らせたりすることができるからです。このアフターピルの効果としては、80パーセントくらいの確率で避妊効果を得ることができるといわれていますが、服用のタイミングが早ければ早いほど避妊効果をより得ることができるといわれていますから、なるべく早いタイミングで服用することが大事になってきます。アフターピルを服用するうえで、知っておきたい点としては、アフターピルを服用後には消退出血という出血が起こるということです。この消退出血とは、ホルモンの分泌が急に減少した時に起こる出血のことで、生理時に起こる出血とは分けて考えられています。この出血はアフターピルにより人工的に月経が起きたものと考えることができます。消退出血が起こる時期としては、薬を服用してから数日後、遅くても3週間以内に起こります。もし、この消退出血が確認できたら、避妊が成功したということになります。しかし、逆に3週間以上消退出血が起こらなかった場合は、妊娠をしている可能性が否定できないので、一度妊娠検査薬などを使用して、妊娠をしているかどうかを検査する必要があります。どのくらいで消退出血が起こるのかということに関しては、個人差があり、人によっては2回生理がくる場合もあります。

■緊急時に使用するアフターピルのお求めはこちらからご覧ください
ノルレボは2011年に発売されました